主婦でも簡単!おすすめな家計簿のつけ方とは?

主婦でも簡単!おすすめな家計簿のつけ方とは?

家計の節約をするために「一度は家計簿を付けたことがある」という人は多いと思います。

でも、その成果を見る事もなく、いつのまにかどこかに無くなってしまう家計簿もまた多いものです。

やはり毎日付けるとなると、だんだん面倒臭くなってきて挫折するものかと思われます。

このような地味な作業を継続するとなると、簡単でいてそれなりに楽しみでもないとなかなか続けられませんよね。

いかにすれば快適に継続できるのか、そして節約の成果を挙げることができるのか。

家計簿はつけ方のコツを押さえなければ、始めても結局無駄に終わってしまうものであることを理解する必要があります。

PR:
来店不要【女性専用キャッシング マイレディス】

家計簿をつける理由を考える

その前に、どうして家計簿を付けるだけで節約ができるのかを説明します。

それは使ったお金の内容を書いてみることで、毎日の出費内容が一目で分かるようになることによります。

曖昧な記憶だけでなく視覚に訴えることで、その情報は意識レベルを高くすることに繋がります。

失敗してしまう人の特徴として、支出をした時には「今お金を使ったのは覚えているから、まぁいいや」と思いがちですが、これはしばらくするとすぐに忘れてしまうものです。

つまり、意識しなくなることによって同じ失敗を招いてしまうということです。

家計簿をつけるということは、自然と意識レベルが高くなり、その後は認識しなくても自然と節約感覚が身に付くということが言えます。

節約の目標を設定する

節約の目標を設定する

主婦が家計簿を付けるのは節約のためとは思いますが、漠然と「なるべく節約しよう」としても、失敗に終わります。

実際のところ、「いくらくらい支出を抑えるべきなのか」のプランを立ててからにしましょう。

これは小さなライフプランの一つです。

「毎月いくら減らしたいのか」これを具体的に決めるのが家計簿の健全なスタートなのです。

減らすことばかり考えていてもストレスになりますので、その減らした分のうち、「いくらかは欲しい物を買う、好きな事をする」というプランも大切です。

マイナスなイメージばかり考えず、プラス思考に節約できるのが継続の秘訣です。

スポンサーリンク

家計簿を選ぶ

家計簿を選ぶ

家計簿にも以下のような種類がありますから、自分の扱いやすい家計簿にしましょう。

手書きの家計簿は面倒こそありますが、達成感はあります。

手作りの家計簿

自分の書きたいように書けるため初心者に向いていますが、ルールが無い分だけ適当になってしまうデメリットもあります。

市販の紙の家計簿

初心者向きに項目が整理されているので、記入する項目が明確です。

Excelなどの表計算ソフトで作る家計簿

パソコン慣れしている人は、速くて綺麗に整理できます。

カスタマイズや集計など、自動で計算できるように設定できますが、初心者にはそのテンプレートを作るのが難しいです。

パソコンで管理する家計簿ソフト

パソコンで管理する家計簿ソフト

入力する項目が明確で、分析機能も付いてきます。

テンプレートが完成されているので簡単で明確、初心者向きと言えます。

簡単なものから本格的なものまで作ることが可能です。

家計簿アプリ

家計簿アプリ

スマホでいつでも記録できるから漏れが少なくなります。

カメラでレシートを撮影すれば自動で取り込めるアプリもあります。

スマホ慣れしていれば面倒は感じられませんが、小さい画面では管理が大変であったり、支出が発生したらその都度起動して入力するのは手間です。

パソコンソフトと連動しているものが多くなっています。

最初は内容を大雑把にすることがコツ

家計簿は、何をどこまで書き込むかによってその難易度は変わります。

まるで会社の経理のように完璧にしようとすると継続が難しくなり、管理も難しくなります。

家計簿はあくまで節約を目的とするサポートなので、完璧な家計簿を作り上げようとするのは目的が変わってしまいます。

特に初心であれば、シンプルイズベストを心がけましょう。

とりあえず、簡単な収支が分かるようにすればそれで十分です。

続けられそうな範囲で書き込んで、できそうであればより詳しく書き込むようにしましょう。

主婦が使う項目としては以下のようなものがありますが、ライフスタイルに応じて追加・削減しましょう。

  • 収入
  • 家賃
  • 光熱費(電気・水道・ガス)
  • 食費
  • 通信費
  • 保険、医療費
  • 衣服、美容
  • 娯楽、交際費
  • 雑費

最初のうちは、節約できるもの以外は省いてしまうのも一つです。

家賃や保険料などの定額なものは節約のしようがないため、省くもしくは、全体的な収支の把握のためだけに使用します。

全体的な収支からこのような固定費が高いと感じたら、家賃が安いところに引越したり、保険を安いプランに変更するなど、根本的な見直しが必要です。

スポンサーリンク

また、家計簿に出来るだけ手間をかけないようにするためには、例えば食費の節約を意識するのが明確であれば、食費だけの家計簿をつけるのがおすすめです。

出費の中にも、絶対的に必要なものと、意識すれば削減できるものがありますので、何から何まで家計簿で管理して節約しようとする必要はありません。

予算を設定する

予算を設定する

項目毎に一月単位で予算を設定します。

予算を設定しないことには、家計簿がただの日々の記録になってしまいます。

どの項目にどれくらいの予算を設定するのかが大事なポイント。

そして予算の中に何としてでも収めるという意識が、家計簿を付ける最大の理由であり、節約のコツなのです。

最初は、何にどれくらい出費するようにするべきなのか、その基準が分からないものですが、まずは今までの生活費を大雑把に振り返ってみましょう。

大雑把に設定して、また翌月考え直すという繰り返しでだんだんと節約に繋がっていきます。

一カ月ごとにレビューする

一カ月ごとにレビューする

家計簿への書き込みは基本的に毎日する方が正確ですが、そこにこだわる必要はありません。

毎日行うのは面倒になるので、まとめて記帳します。

出費のレシートやメモなどを残しておけば、週に一回ぐらいでも大丈夫ですので、財布やクリアファイルなどにまとめておきましょう。

繰り返しますが、完璧な家計簿を作るのが目的ではありませんので、多少の漏れは誤差の許容範囲としておいてかまいません。

そして月末に一カ月分の実績をレビューします。

ここで、予算に収まらなかった項目も具体的な数字で目に見えてきますので、それは翌月の予算設定の目安となります。

家族や友人にも見てもらう

家族や友人にも見てもらう

家計簿を家族や友人に見せて、客観的な判断を仰ぐのもひとつのコツです。

自分の主観だけだと、おかしな予算にも気付かないものです。

家計簿は自分が見て分かれば良いと言うのではなく、人が見ても分かるようにしておかなければいけません。

そうすることによって、いい加減なものにはなりませんよね。

加えて家族も家計簿に付けられるのが分かりますから、いい加減な出費をしなくなるという効果もありそうですね。

一人で頑張っても大して節約できませんが、家族にも意識してもらうことで大きな節約に取り組めるようになります。

まとめ

以上が家計簿をつけて節約を進めるためのポイントですが、ある程度のイメージが掴めたらすぐに始める事が肝心です。

自分の中で『敷居が高い』と感じる必要はなく、まずは気軽にスタートしてみましょう。

ゲームと同じで、やっていくうちに自然と慣れるし、手間も感じなくなります。

そのころには家計簿の完成度も高くなり、節約が楽しくなっていることでしょう。

⇒ 生活費を節約したい!簡単な家計簿のつけ方とは?



  • このエントリーをはてなブックマークに追加